マリンスポーツ

沖縄においては夏季に観光客が多いために、その季節限定のスタッフ(夏場だけのスタッフ)が目につかないのは凄く特異なお店だと言われます。

2
那覇の近港から早朝に出発し、ダイビングボートに乗って慶良間近海のポインまでたどり着いて、複数回のダイビングを体験して、日没までには宿舎に戻ってくるツアーを推奨しています。

名産のサトウキビ畑や昔ながらの沖縄の民家が続いており、いかにも沖縄というような雰囲気や景色を楽しむことができます。「古宇利大橋」から見る沖縄の海は、一生涯忘れないほど澄みきった海のマリンブルー。

頬をなでる穏やかな風、ささやかな川のせせらぎ、楽しそうな鳥の鳴き声。それ以外の異音は1ない。両岸に存在する海漂林は、さながら絵に描いたような南国の景色である。

ダイバー専門店の数件では気軽にダイビングをして貰うために、器材やその他の保管ルームの提供を格安でやっています。ダイビングをする時は手ぶらで全然OK!

世界各国のマリンリゾートでパラセーリングは一際気楽で平和なマリンスポーツで、お越しくださる方々に驚き・喜び・くつろぎ・満足をお贈りし、ご利用者様を大空の旅へ送り出しております。

「ダイビングの基礎を学びたい。真面目に体験したい!」そんなあなたに、海底の不思議な力を感じ取ることができる“ダイバー”取得のコースがあります

「ダイビングのテーマを確立したい。本格的にスタートしたい!」そんなあなたに、海中の魅力を直に体感できる“ダイバー”ライセンスのスクールがあります。

動くウェイクボードに立ち乗りするのは水上スキーより易しくて、感覚さえ掴めれば波を上手に活用した見栄えのする技もこなせるかもしれません。

3
休みなく出航しているレストラン付の客船「モビーディック号」で日本最南端の地、沖縄の色鮮やかな夕日に染まる風景を愛でながら、定評のあるごちそうを味わってください。

ビギナーから経験者まで、多数の若者のダイバーに適合できるエリアの的確性も人気の要因となっています。

ただ遊ぶのではなく、マングローブ(海漂林)の詳しい生態や意外と知られていないサンゴの隠れた秘密まで講義してくれる自然環境について学び役立つ人気のツアーです。

固有の動物や植物、飛び交う鳥など多種多様な希少種が棲息しているやんばるの森周辺では、素晴らしい大自然を実感できる環境に優しい催行が数多く用意されています。

ウェイクボードと同じように、ボートの力で持ち手(ハンドル)を付属したロープを動かしてもらい移動します。縦の形にプレイヤーが搭乗してまっすぐに進行するので、スピード感は超一級!

様々なダイバーがあこがれ!ずっと美しい海を制覇するために多数のダイバーたちが素晴らしい海に渡ります。