沖縄の魅力をつくり出すのは”気候”

日本は島国と言われ、その名の通り国土の周りは海に囲まれています。その環境を活かして、日本では海に関する様々な種類の観光産業が発達しています。ですが、ダイビングに関してはどうでしょう。皆さんは日本でのダイビングと聞くとやはり一番に思い浮かべるのは、”沖縄の海”ではないでしょうか。確かに、ダイビングができる場所は全国各地にあるようですが、どうしても”ダイビング=沖縄”というイメージは日本人共通のものであるように思います。私たちがそう感じる理由は、ひとえに沖縄の海にまた沖縄という土地に特別な魅力があるからに他なりません。では、その沖縄特有の魅力とは一体何なのでしょうか。

何と言っても沖縄の最大の魅力の一つは、気候にあります。沖縄は日本で唯一の”亜熱帯海洋性気候”と呼ばれる南国の気候地域に属します。これはただ温かさを与えているだけでなく、その気候特有の自然や生き物が生きることのできる条件にもなっています。そして沖縄のダイビングでは、そうした自然と生き物を、見るだけでなく直接触れ合うことができるのです。このような限定的な特徴が存分に活かされている点が、私たち訪れた人に非日常を体感させ、魅力を感じさせる一つの大きな理由だと言えます。ダイビングなど海に関わることだけでなく、街並み・文化・歴史もその魅力の一つです。沖縄へダイビングに訪れる際は、こうした情報も持っておくとより楽しめるのではないかと思います。