私が沖縄でダイビングをしたいこれだけの理由

私ははっきり申し上げてダイビングは未経験です。考えてみれば、遠く学生時代に鹿児島県の与論島に1週間ほど滞在したことがあり、その時に数回経験したシュノーケリングがもっともダイビングに近い経験と言うことになるのでしょうか。その後に社会人になってからも、ダイビングスポットがいかにもありそうな、ハワイやバリ島などに行ったことがありましたので、ダイビングをしようと思えばできる機会はあったと思いますが、なぜか一度もダイビングを経験できずに今まで来たのです。今でも、インドアよりも登山などを趣味にしていることもありアウトドアの活動は大好きなこともあります。

近年になってから沖縄でダイビング!を経験しようと決めました。

まずなぜダイビングを経験してみようと思ったのかというのは、これまで一度もダイビングを体験したことがありません。すでに50代になってしまった現在の年齢を考えてみるとダイビングを経験できる時間はそう長く残されていないと思ったからです。その意味では初めてダイビングをするということでは50代はぎりぎりになってしまっているとも考えられました。それに、たくさんの人がわたしと同じ勘違いをしていることが多いと思いますが、ダイビングはライセンスを取得しなければすることができないと思っていたのです。それが、体験ダイビングというものがあって、ライセンスを取得していなくともインストラクターの指導を受けつつできるダイビングであってもダイビングの醍醐味を経験できるということが分かったのです。これでダイビングの対する敷居はびっくりするくらい低くなりました。

それに大層な海外ではなく、沖縄に世界有数といっていいダイビングスポットがあることから、日本語も通じるし、パスポートも必要でない、それほど遠くない、ダイビングのほかにもたくさんの楽しみがありそうな沖縄でダイビングを経験しないでどうするのかと考えました。

もし、沖縄での体験ダイビングでダイビングにはまってしまうようなことがあれば、ライセンスを取ることはそれから考えればいいとも思います。とにもかくにも、一度ダイビングを体験しないではいられない気持ちに最近なっているということです。

新着情報
2018年6月7日
NEW! マリンスポーツ

最新記事

  • 沖縄においては夏季に観光客が多いために、その季節限定のスタッフ(夏場だけのスタッフ)が目につかないのは凄く特異 …

    マリンスポーツ

  • 日本は島国と言われ、その名の通り国土の周りは海に囲まれています。その環境を活かして、日本では海に関する様々な種 …

    沖縄の魅力をつくり出すのは”気候”